• 小学部のご案内
  • 中学部のご案内
  • 高校部のご案内
  • コースと料金
  • 東京進学会の使い方例
  • 無料体験授業受付中

中学部のご案内

東京進学会

東京進学会には過去に六中、九中、八中、一中、茗台中、文林中、本郷台中、音羽中の生徒が通塾していました。(現在通塾している生徒も含みます)
そのため、定期試験の出題傾向も掴んでいますので、内申対策も万全です。都立高校の受験には内申点が重要になってきますので、定期試験前は内申対策を行い、夏休みや冬休みを利用して受験対策を行っていきます。
志望校が私立高校で内申点が関係ない場合は、学校進度を離れ、生徒個々のレベルと目標に合わせた受験対策を行っていきます。

区立中に通学中の場合、中3で高校受験が待っています。中1・中2でつまずいた場合、中3になってからその遅れを取り戻すのは容易ではありません。将来の高校受験を見据え、英語・数学などの主要科目を解説していきます。また、試験前は必要であれば他の科目も解説して定期試験に臨むこともできます。

私立中学の場合学校進度が速く、学校の授業進度についていけないことがあります。東京進学会では学校進度に合わせ、それに沿った対策を行うことができます。「中学受験のためにたくさん塾に通ったので、塾通いには抵抗がある」といったお子様には隔週での授業や定期試験前のみの授業を設定することも可能です。その場合、受けた授業回数分しか授業料はかかりません。